任意整理後のクレジットカードは?

任意整理後のクレジットカードは?

任意整理後のクレジットカードは?

現在では消費者金融や銀行など様々な場所からお金を借りることができるようになっていますが、そうした中でも最も身近な物の一つとなるのが「クレジットカード」です。
買い物の際、手元に現金が無くとも支払いを出来るということは非常に便利なことです。
ですがクレジットカードなどは便利だからこそ、無計画に利用すると返済できないほどの負債を抱えてしまうこともあるのです。
利用の中で返済しきれないほどの負債を抱えてしまったというような場合、それを帳消しにする方法としてあるのが任意整理です。
任意整理を行うことによってその時点で有している負債を帳消しにしたり、条件を見直すことによって返済をできるようにするということはそうした債務問題を解決する際、有効な手段となってくれることでしょう。
しかしながら、任意整理を行う際には必ず、そこにある責任について考えなくてはなりません。
たとえクレジットカードのためだけに任意整理を行ったというような場合であっても、それを行う以上は「信用の失墜」が発生し、一定期間クレジットカードを作成することはできなくなってしまいます。
ではこれはどれくらいの期間になるのかというと、これは法律で定められているわけではありません。
ですから「任意整理を行った後には絶対にクレジットカードを作れない期間ができる」とは断言できないことには注意が必要です。
しかしこの任意整理という情報は「個人信用情報」に「5年間」記録されるという情報になっています。
そのため「5年間は信用が低いままになっている」ということになりますから、作れない期間としては5年間を見ておくべきでしょう。